【使用感想・口コミ】アルピナウォーター「エコサーバー」の良かった点・気になった点

更新:

アルピナウォーター「エコサーバー」の使用感想・口コミ

アルピナウォーターは宅配水(RO水)の安さが特徴的なメーカーで、「エコサーバー」はその名の通り省エネ性にも優れています。

このページでは、アルピナウォーター「エコサーバー」を実際に使用した感想(良かった点、気になった点)を記載しています。

ちなみに、同じ販売元になる株式会社トーエルのブランド「信濃湧水」「ハワイウォーター」のエコサーバーと同機種です。

管理人の少し笑顔

申込むなら販売代理店経由がお得!!

アルピナウォーターには販売代理店があり、独自にとてもお得なキャンペーンを実施中です。
一度公式と販売代理店で比べてみてください。↓キャンペーンを先に見る↓

アルピナウォーター「エコサーバー」設置写真、正面、側面、背面

正面、側面、背面の設置写真

 

アルピナウォーター「エコサーバー」の操作パネル

操作パネル

 

アルピナウォーター「エコサーバー」の設定パネル

設定パネル

 

アルピナウォーター「エコサーバー」に2ガロン(7.6L)ボトルをセットしている写真

2ガロン(7.6L)ボトルをセット

 

アルピナウォーター「エコサーバー」の使用感想の目次

アルピナウォーター「エコサーバー」の良い悪い総合評価

アルピナウォーター「エコサーバー」を、他ウォーターサーバーと比べて「デザイン性」「機能性」「料金価格」「サービス」の4項目で総合的に評価・採点しました。

※「5点:とても良い」、「4点:良い」、「3点:普通」、「2点:少し悪い」、「1点:悪い」の5段階で評価していただいています。

総合点数
21点(25点満点中)
総合評価
アルピナウォーター「エコサーバー」のデザイン・水の交換・機能性・料金・サービスの5評価レーダーチャート
デザイン性
評価星3つ
3点(5点満点中)
良かった点
気になった点
水の交換
評価星4つ
4点(5点満点中)
良かった点
気になった点
機能性
評価星4つ
4点(5点満点中)
良かった点
気になった点
料金・価格
評価星5つ
5点(5点満点中)
良かった点
気になった点
サービス
評価星5つ
5点(5点満点中)
良かった点
気になった点

アルピナウォーター「エコサーバー」のデザイン性・サイズ

アルピナウォーター「エコサーバー」設置写真、正面、側面、背面
エコサーバーのサイズ
サイズ(mm)W310×D330×H1250
※12Lボトルセット時
W310×D330×H1240
※7.6Lボトルセット時
本体重量17kg
トレイから出水口の高さ約162mm
出水ボタンの高さ約967mm
サーバーの色ホワイト

デザイン性・サイズで気になった点

ボトルむき出しのデザインでおしゃれとは言いがたい

見た目は可もなく不可もなくといった感じですが、最近では各メーカー、ウォーターサーバーのデザインもおしゃれになっています。

それに比べると、ボトルむき出しのデザインはおしゃれとは言いがたいと思います。

サーバーの色もホワイト一色で、個人的には少し安っぽい印象を受けました。

デザイン性では少し厳しく採点しましたが、アルピナウォーターの一番の魅力は「料金の安さ」だと思います。
おしゃれなデザインよりも、安さを重視される方はアルピナウォーターはおすすめです!

管理人の笑顔

アルピナウォーター「エコサーバー」の水交換のしやすさ

水交換のしやすさで良かった点

7.6L(2ガロン)と12Lと18.9Lの容量で選べる

アルピナウォーターのボトルは、7.6L(2ガロン)と12Lと18.9Lの容量から選べ、コスパで選ぶなら12Lと18.9Lがおすすめ、ボトル交換を楽にしたいなら7.6L(2ガロン)がおすすめです。

アルピナウォーター「エコサーバー」に2ガロン(7.6L)ボトルをセットしている写真

2ガロン(7.6L)ボトルをセット

 

アルピナウォーターの2ガロン、12L、18.9Lボトル

ただし、12Lと18.9Lは、関東エリア(東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城、一部除く)のトーエル配送地域のみの配送になります。

容器2ガロンボトル
(7.6L)
12Lボトル
18.9Lボトル
ボトルの種類ワンウェイボトル
(ゴミで処分)
リターナブルボトル
(回収、再利用)
宅配エリア全国(沖縄・離島除く)東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城
(一部除く)
配送自社配送
宅配便
自社配送
送料東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城の自社配送エリア:無料
それ以外の本州:350円/箱
北海道・四国・九州:600円/箱
無料

水交換のしやすさで気になった点

12Lと18.9Lは水交換が大変

エコサーバーは水ボトルをサーバー上部まで持ち上げてセットしなくてはいけません。

そのため、12Lと18.9Lのボトルだと重量があり、特に女性には水交換が大変です。

水交換を楽にしたい場合には、少し水代は高くなりますが、軽量の7.6L(2ガロン)ボトルがおすすめです♪

管理人の笑顔

アルピナウォーター「エコサーバー」の機能性・使いやすさ

アルピナウォーター「エコサーバー」の操作パネル

操作パネル

 

アルピナウォーター「エコサーバー」の設定パネル

設定パネル

 

アルピナウォーター「エコサーバー」の操作パネルロック

操作パネルロック

 

機能性・スペック
水の温度冷水:約5~10℃
温水:約80~85℃
ECOモード温水:約70℃
サーバー代959円
電気代約470円~/月
チャイルドロック温水・冷水
省エネ機能ECOモード
衛生機能自動クリーニング機能
その他の機能
自動クリーニング
1週間に1度、設定した時間に、サーバー内部の温水を循環させることにより、サーバー内部を衛生的な状態に保ちます。
ECOモード
スタンダードサーバーと比較して約35%の消費電力をカット。さらに、ECOモードの利用で温水温度を約70℃に抑える事で、最大42%の省エネを実現。

機能性・使いやすさで良かった点

冷水タンクを衛生的に保つクリーン機能

エコサーバーには、冷水を65~75℃に加熱し、冷水タンクを衛生的に保つクリーン機能が搭載しています。

クリーン機能の周期は、7日に1回、3日に1回、1日に1回と変更ができます。

設定パネルのクリーン機能設定、7日に1回(AC:07)の写真

↑クリーン機能設定、7日に1回(AC:07)↑

クリーン機能の開始時間も設定できるので、就寝時や外出時などウォーターサーバーを使用しない時間に設定するといいです。

設定パネルのクリーン機能開始時間の写真

↑クリーン機能2:00に開始↑

省エネモードで約70℃のお湯が出せる

設定パネル内のECOボタンを3秒長押しすると、省エネモードに切り替わります。

省エネモードでは、温水の加熱温度を約70℃に下げ消費電力を抑えます。

設定パネルのECOボタン
水の温度
温水約80~85℃
エコモード時温水:約70℃
冷水約5~10℃

操作パネルをロックするチャイルドロック機能

設定パネルには、温水・冷水の出水ボタンがある操作パネルを完全にロックする「スライドロックスイッチ(チャイルドロック)」があります。

温水ロックは標準設定ですが、小さい子供がいる家庭など、冷水にもロックを掛けたいときに便利です。

アルピナウォーター「エコサーバー」の操作パネルをロックするスライドロックスイッチ(チャイルドロック)

操作パネルをロックするチャイルドロック機能

設定パネルには、温水・冷水の出水ボタンがある操作パネルを完全にロックする「スライドロックスイッチ(チャイルドロック)」があります。

温水ロックは標準設定ですが、小さい子供がいる家庭など、冷水にもロックを掛けたいときに便利です。

アルピナウォーター「エコサーバー」の操作パネルロック

アルピナウォーター「エコサーバー」の料金・価格

料金・価格
サーバー代959円/月
電気代約470円~/月
水代/本【7.6L】
842円
【12L】
1,134円
【18.9L】
1,771円
水配達料金【7.6L】
東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城の自社配送エリア:無料
それ以外の本州:385円/箱
北海道・四国・九州:660円/箱
※宅配エリア:全国(沖縄・離島除く)
【12L】
無料
※宅配エリア:東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城
【18.9L】
無料
※宅配エリア:東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城
解約金1年以内:11,000円/台

料金・価格で良かった点

ボトル1本あたりの水代が安い

アルピナウォーターの一番の特長は、水代が安いといった点で、12Lボトルだと500ml換算で43.7円になります。

水は北アルプスの標高1,220メートル「矢沢水源」の湧き水を、ROフィルター(逆浸透膜)と呼ばれる1/1000ミクロンの極小フィルターでろ過された純水に近いRO水です。

水代/本
7.6L
ボトル
842円/本
【500ml換算】
55.3円
12L
ボトル
1,134円/本
【500ml換算】
47.2円
18.9L
ボトル
1,771円/本
【500ml換算】
46.8円

一ヶ月の電気代は約470円~の省エネ

前述の「省エネモードで約70℃のお湯が出せる」でも記載しましたが、アルピナウォーターのエコサーバーには省エネモードが搭載しています。

省エネモード運転により、温水加熱を約70℃に抑えることで、一ヶ月の電気代も約470円~という省エネで使用できます。

設定パネルのECOボタン

料金・価格で気になった点

サーバー代が毎月959円かかる

アルピナウォーターのエコサーバーは、水の注文ノルマがない代わりに毎月959円のサーバーレンタル代がかかります。

アルピナウォーターにはサーバーレンタル代が毎月629円のスタンダードサーバーもありますが、電気代や機能性を考えるとエコサーバーの方がお得だと思います。

管理人の笑顔
エコサーバーとスタンダードサーバーを比較
サーバーエコサーバースタンダードサーバー
サーバー画像アルピナウォーターのエコサーバーアルピナウォーターのスタンダードサーバー
サーバーレンタル代959円/月629円/月
電気代約470円~/月約1000円~/月
注水口タイプ電子ボタン式手動蛇口式
サイズ(mm)W310×D330×H1250
※12Lボトルセット時
W270×D370×H1250
※12Lボトルセット時
本体重量17kg15kg
水温冷水:約5~10℃の冷水
温水:約80~85℃
エコモード時温水:約70℃
冷水:約5~10℃の冷水
温水:約80~85℃
チャイルドロック温水・冷水
温水は二重ロック
温水のみ
自動クリーニング搭載なし
ECOモード搭載なし
メンテナンス4年に1度 無料2年に1度 無料

アルピナウォーター「エコサーバー」のサービス・その他

サービス・その他
注文ノルマなし
配送エリア【7.6L】
全国(沖縄・離島除く)
【12L/18.9L】
東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城(一部地域除く)
配達日指定【7.6L】
■自社配達エリア
(東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城)
平日8時~18時
■その他のエリア(宅配便)
土日祝日・再配達
【12L/18.9L】
平日8時~18時
支払い方法クレジットカード払い/口座振替

サービス・その他で良かった点

注文ノルマがないので自分のペースで注文できる

アルピナウォーターは水の注文ノルマがないので、自分のペースで頼みたいときに水を注文できます。

一人暮らしなど、水の消費量が少ない方には安心ですね。

エコサーバーの基本の操作方法(出水、水交換)

エコサーバーの出水や水交換の基本操作方法を紹介します。

冷水と温水の出水方法

冷水の出水方法

COLDボタンを押している間、水が出ます。

アルピナウォーター「エコサーバー」の冷水出水

温水の出水方法

LOCKボタン(温水注水ロック解除ボタン)を3秒程度長押しすると温水ロックが解除されます。

アルピナウォーター「エコサーバー」のLOCKボタン(温水注水ロック解除ボタン)長押し

ロック解除後、HOTボタンを押すと温水がでます。

アルピナウォーター「エコサーバー」の温水出水

水の交換方法(2ガロンボトル)

ダンボールから新しいボトルを取り出します。

アルピナウォーター2ガロンボトルが入ったダンボールを開けた写真

ボトルキャップのシールを剥がします。

アルピナウォーター2ガロンボトルのキャップのシールを剥がす

ボトルをサーバー上部のセット部分に差し込んでセット完了。

アルピナウォーター2ガロンボトルをサーバーに差し込んでいる写真

アルピナウォーターのキャンペーン

新規申し込み「スタート0円キャンペーン」

WEB限定特典として、新規申し込みの方に初回お届け分最大ボトル4本無料
さらに設置月のサーバー代も無料なので0円で始められます。

アルピナウォーター、スタート0円キャンペーン

申し込むなら販売代理店経由がお得!

こちらのキャンペーンは、アルピナウォーターの販売代理店(株式会社楽楽エージェント)ですが、公式サイトで申し込むよりも断然お得です♪

当サイトからお申し込みの方全員に、Amazonギフト券2,000円分を追加でプレゼント!!
もちろん、通常の申し込み特典も適用されます!

アルピナウォーター販売代理店+当サイト限定Amazonギフト券2,000円分

【キャンペーン締切:2021年9月30日(木)】

  • 特典1:Amazonギフト券2,000円分【全員】
  • 特典2:抽選で豪華賞品プレゼント【抽選】
  • 特典3:初回ボトル最大4本無料&利用開始月サーバー代無料【全員】
  • 特典4:PureHawaiian 1箱(320mL×24本)【全員】

アルピナウォーター「エコサーバー」の各種料金・サービスなどの一覧

エコサーバーの各種料金・機能、サービス内容などの一覧になります。

アルピナウォーター「エコサーバー」の料金・価格

月額料金
7.6L(2ガロン)
月額料金

【1箱(3本)】
3,485円(22.8L)
(水代:842円×3本)+(サーバー代:959円)

電気代:約470円~


【2箱(6本)】
6,011円(45.6L)
(水代:842円×6本)+(サーバー代:959円)

電気代:約470円~

12Lボトル
月額料金

【2本】
3,227円(24L)
(水代:1134円×2本)+(サーバー代:959円)

電気代:約470円~


【4本】
5,495円(48L)
(水代:1134円×4本)+(サーバー代:959円)

電気代:約470円~

料金・価格
サーバー代

959円/月

電気代約470円~/月
水代/本7.6L(2ガロン):842円/本
12L:1,134円/本
18.9L:1,771円/本
水配達料金【7.6L】
東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城:無料
本州:385円/箱
北海道・四国・九州:660円/箱
【12L/18.9L】
無料
月間最低本数

ノルマなし

水の一時停止

サーバー交換

解約金

1年未満:11,000円

アルピナウォーター「エコサーバー」の機能・スペック

サーバーのスペック
※料金・価格は税抜での表記
サイズ(mm)
アルピナウォーター「エコサーバー」

W310×D330×H1250
※12Lボトルセット時
W310×D330×H1240
※7.6Lボトルセット時

本体重量(kg)

17kg

水の温度

冷水:約5~10℃
温水:約80~85℃
ECOモード温水:約70℃

サーバー代

959円/月

電気代約470円~/月
サーバーメンテナンス代無料
(4年毎に交換)
サーバー交換

サーバーの機能
チャイルドロック温水・冷水
省エネ機能

省エネモード

衛生機能

自動クリーニング機能

その他の機能

アルピナウォーターの宅配水

※【PH】酸性:1.0~6.9、中性:7.0、アルカリ性:7.1~14.0 【硬度】軟水:0~60、中軟水:61~120

宅配水について
対応の水

RO水

採水地長野県大町市
水の成分
(mg/L)
カルシウム:0.2mg
ナトリウム:0.6mg
マグネシウム:0.1mg
カリウム:0.1mg
硬度1mg/L
PH
その他の情報
空ボトル回収(リターナブル)
注文単位

【7.6L】
自社配送エリア:2箱(6本)
宅配便エリア:1箱(3本)


【12L】
3本
※初回のみ4本


【18.9L】
2本(18.9L)

お届け周期定期配送なし
賞味期限未開封:1年間
開封後:1ヶ月

アルピナウォーターのサービスについて

サービス
配送エリア【7.6L】
全国(沖縄・離島除く)
【12L/18.9L】
東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城
の自社配達エリアのみ
(一部地域除く)
配達日指定【自社配達エリア】
(東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城)
平日・営業時間のみ
【それ以外の宅配エリア】
平日・土日祝/再配達
支払い方法クレジット/口座自動振替

設置方法・初期設定・返送方法の動画

アルピナウォーター「エコサーバー」の設置方法・初期設定・返送方法の公式動画を紹介します。

アルピナウォーター「エコサーバー」の設置方法

アルピナウォーター「エコサーバー」の初期設定

アルピナウォーター「エコサーバー」の返送方法


ウォーターサーバーの口コミ評判・使用感想 >>

この記事の関連ページ

アルピナウォーターのキャンペーン・料金、サーバー、水などの詳細
アルピナウォーターのキャンペーン、料金、サーバー、宅配水などの特徴・詳細について紹介しています。
信濃湧水のキャンペーン・料金、サーバー、水などの詳細
信濃湧水のキャンペーン、料金、サーバー、宅配水などの特徴・詳細について紹介しています。

カテゴリ:RO水ウォーターサーバー / アルピナウォーター / 口コミ・感想


くらべるウォーターサーバー >>

ページトップへ戻る