水を上手に使った健康的なダイエット方法

更新:

私たちが必ず毎日行っている“水分補給”ですが、その水分補給を水に換えるだけでダイエット・美容・ストレス解消など様々な効果が期待できます。水の種類・摂取するタイミング・飲む量をある程度把握していれば、忙しい人でも無理なく健康的にダイエットに繋げることができます。

水はなぜダイエットにもいい?

私たちの体は体重の約60%が水分で満たされており、その主要な水分は、1日当たり約2.3Lもの水分が汗や尿として老廃物とともに体外へ排出されていきます。
そして、排出された水分を補給するために私たちは、喉の渇きや体温を調節したり身体が水分を欲するときにお茶やコーヒー、ジュースなどを飲みます。ただ、そこでコーヒーやジュース等の飲料物を「水」に置き換えるだけで、身体のデトックスや血液循環やストレス解消など、様々なサイクルに良い効果が期待できるようです。
ただ水を飲むだけで?と思いますが、日常生活で毎日欠かさず行っている水分補給は私たちの体に重要な役割をはたしています。そこで身体に合った良質な水分補給をすることで無理なく身体の内側から美しくダイエットに繋げることができます。

ダイエットに効果的な水を飲む回数・タイミング

水を単純に飲むだけでは、効果的な方法とはいえません。自分の身体に合ったお水を選び、水分補給する回数やタイミングにも気を付けて下さい。

身体に合った水選び

水の硬度によって硬水と軟水に別けられ、それぞれに異なったメリットが存在します。自分の身体の状態に合った水を選ばれることをお勧めします。

硬水

私たち人間の5大栄養素(炭水化物・タンパク質・脂質・ビタミン・ミネラル)にも含まれるミネラルが豊富な水です。ミネラルが豊富な事にはどんなメリットがあるのでしょうか?

基礎代謝UP

ダイエットに肝要な基礎代謝ですが、ミネラルには代謝を促進させる作用があり、自然と脂肪燃焼しやすい体質をつくることができます。

脂肪の吸収を抑えてくれる

カルシウムが豊富なことで、脂肪の吸収を抑制してくれる効果もあります。

便秘の改善

マグネシウムの働きにより、胃腸が刺激され活発化することで便秘を改善する作用があります。さらに水分を十分に取ることは固くなった便を柔らかくしてくれます。

軟水

私たちが住んでいる日本では、ほとんどの水道水が軟水になので馴染みやすく、口当たりがまろやかなため飲みやすくなっています。身体に馴染みやすいことでこんなメリットがあるようです。

身体への吸収が早い

水を飲んでから身体に吸収されるまでの時間が早いため吸収が良いとされています。また肌の潤いにも効果があり美肌効果や、スポーツ時や夏場など早く身体に補給しなければいけない時は軟水が効果的です。

胃腸にやさしい

日本人は特に軟水に飲み慣れているので、急に硬水を飲みだすと胃腸が刺激され負担がかかり、下痢などの体調不良を引き起こす場合もあります。

お料理に最適

口当たりがまろやかという事もあり、素材の旨み・風味・香りを引き立てるのにはピッタリと言えます。

このように、摂取する用途や自分の身体に合わせて軟水・硬水を選ぶとより効果的です。

水分の補給方法

私たちの体は、1日に約2.3ℓもの水分が汗や尿として老廃物と共に排出されているため、それを補わなければ水分不足になり脱水症状や熱中症、血液がドロドロになってしまうなど様々な健康障害を引き起こします。
食事、飲み物、体の中での様々な化学反応によって、水分が補給されますが、ここで私たちが注目するのが飲み物です。水は一気に補給するのではなく、こまめにバランス良くとるためにコップ1杯(150~250ml)程度の量を1日6~8回飲む必要があります。
朝起きたとき・運動前後・食事のとき・入浴前・就寝前
入浴前や就寝前に適量の水分を取ることで、疲労回復や良質な睡眠にも効果があるようです。

水ダイエットをする際の注意点

水は沢山摂取すればいいという事ではないようです。一気に摂取するのではなく“こまめに”が重要となります。
身体は常に循環しており、一度に過剰に水分をとると排出が追い付かず身体に滞留してしまい浮腫みの原因になります。さらに、お腹を壊したり尿をつくる腎臓に負担をかけてしまいます。
そして冷たすぎる水は、血管の縮ませ血液循環が悪くなったり内臓が冷えることで下半身太りや便秘にも影響があります。常温・白湯を飲むことで血管は膨張し自律神経も安定する効果もあるのでストレス解消にも効果があるといえます。

ウォーターサーバーで手軽に水ダイエット

ウォーターサーバーは、業者の専用のボトルをセットするだけで手軽に質の良い水を、温水・冷水に必要に応じですぐに飲むことができます。
その専用の水は、厳しい衛生管理の下でボトリングされており衛生的で新鮮な美味しい水を自宅で飲めるのは安心です。お湯を沸かす必要がなくなると、手軽にお腹を温めてくれる白湯や飲み物を飲むことができ、内臓を温めることで代謝も上がります
女性向けウォーターサーバーや、美容や健康で注目されているシリカ水が飲めるものやバナジウム水が飲めるものもありおすすめです
さらに、業者が配達までしてくれるので重たいものを運ばすに災害時に備え大量に補完することができます。

売れ筋人気ランキングTOP3

ウォーターサーバー売れ筋人気おすすめTOP3
月額料金

定額3,300円
初期費用:0円

電気代:約360円~/月

水の種類

浄水・水道水補充型

フィルター交換

6ヶ月に1回
自分で交換

設置工事

なし

おしゃれで設置しやすい小型の卓上サーバーで、優れた浄水能力!
水道水補充型エブリィフレシャスは、月々定額3,300円と安く、設置工事なし。給水はタンクに水を注ぐだけ。高機能な床置き「トール」と、コンパクトな卓上「ミニ」をラインナップ。6ヶ月に1回のフィルター交換(無料)です。

詳細ページ
公式サイト
月額料金

4,244円(18.6L)

(水代:1627円×2本)+(サーバー代:990円)

電気代:約380円~/月

※スラットの場合

水の種類

宅配・天然水

注文ノルマ/月

18.6L(9.3L×2本)

※2ヶ月未満は停止無料

デザイン性と利便性で選ぶなら「フレシャス」
水は天然水で、軽量の4.7L、7.2L、9.3L(ボトル下置き)から選べ水交換が楽です。4.7Lと7.2Lの空容器は手のひらサイズにたためゴミが少なくてすみます。コーヒー機能搭載の「スラット+カフェ」や、業界最小クラスの「デュオミニ」が人気で、おしゃれなだけでなく使いやすさも◎です。

詳細ページ
公式サイト
月額料金

3,908円(24L)

(水代:1404円×2本)+(サーバー代:1100円)

電気代:約1000円~/月

※アクアスリムの場合

水の種類

宅配・RO水(ミネラル配合)

注文ノルマ/月

なし

ボトル回収でゴミない、専門スタッフ対面で選ぶなら!
ウォーターサーバー業界の老舗。専門スタッフが水を届けてくれ、空ボトルは回収してくれるのでゴミが出ない。水はミネラル配合のRO水。水代が安いので消費が多い方におすすめ。サーバーの種類も豊富でコーヒーマシン一体型ウォーターサーバーも選べます。

詳細ページ
公式サイト
ウォーターサーバー選んで比較バナー

人気の条件で比較

人気の条件で選ぶ

月額料金の安いウォーターサーバー比較ランキング

月額料金が安いおすすめウォーターサーバー。利用人数での料金比較や選ぶポイントも紹介。

水道水ウォーターサーバー(水道直結型&補充型)、定額制で飲み放題

【2022年10月】浄水型の水道水ウォーターサーバーおすすめ13機種(水道直結型、水道水補充型)デメリットや選び方も説明

コンパクトで小さいおすすめの卓上型ウォーターサーバーで比較

【2022年10月】コンパクトで小さい卓上型ウォーターサーバーおすすめTOP10。口コミ掲載

一人暮らしに人気のウォーターサーバーで比較

一人暮らしにおすすめウォーターサーバーTOP10。失敗しない4つのポイント。(写真付き口コミあり)

コーヒー機能付きウォーターサーバー「スラット+カフェ」と「アクアウィズ」を徹底比較

人気のコーヒー機能付きウォーターサーバー「スラット+カフェ」と「アクアウィズ」を徹底比較

ウォーターサーバー利用者のリアルな口コミ評判+設置写真

【写真付き口コミ】ウォーターサーバー利用者のリアルな口コミ評判+設置写真(200件以上)

ウォーターサーバーのサイズ(横幅×奥行×高さ)と重さを比較

ウォーターサーバーのサイズ(横幅×奥行×高さ)と重さを比較。置き場所に困らないスリムなウォーターサーバーも紹介

ウォーターサーバーの温水(お湯)と冷水の温度で比較

ウォーターサーバーのお湯と冷水の温度で比較。再加熱、常温水、弱温水、弱冷水も使える機種を紹介。

デザインがおしゃれなウォーターサーバーを比較

デザインがおしゃれなウォーターサーバー(床置き型、卓上型)おすすめ16選を比較【設置写真付き】

キャンペーン実施中のウォーターサーバーを各社まとめて比較

【2022年10月】キャンペーン実施中のウォーターサーバーを各社まとめて比較

ウォーターサーバー乗り換えキャンペーンで比較

【2022年10月】ウォーターサーバー乗り換えキャンペーン各社まとめて比較(解約金キャッシュバックなど特典あり)

赤ちゃん妊婦さん、育児向けキャンペーンで比較

【2022年10月】赤ちゃん、妊婦さん向け、子育てキャンペーン実施中のウォーターサーバー各社まとめて比較


ウォーターサーバー比較 | くらべるウォーターサーバー

カテゴリ:水の情報


くらべるウォーターサーバー >>

ページトップへ戻る